メニュー

胃痛について

「胃の痛み」の原因

「胃が痛い」または「みぞおちが痛い」といった症状で消化器内科の外来を訪れる患者さんは多いです。ほとんどの場合、図のように胸の下、おへそより上あたりの痛みを自覚されていますね。医療用語ではこの部分を心窩部、この部分の痛みを心窩部痛と呼んでいます。
心窩部痛を起こす病気は非常に多彩で、胃の病気の他、心臓、胆嚢、膵臓や虫垂の病気でも心窩部痛を起こしてきます。

それでは、胃痛つまり心窩部痛の原因にはどんな病気があるのでしょう。

胃の病気

胃潰瘍

  • 潰瘍は胃の粘膜にできた穴です。胃や十二指腸の壁を貫通するほどの深い穴が開く(穿孔といいます)と入院や手術が必要になります。
  • 痛みの強さや特徴は人によってさまざまで、キリキリした強い痛みのこともあれば、わずかなジンジンとした痛みのこともあります。
  • 胃潰瘍では食後に痛みが強く、十二指腸潰瘍では空腹で痛みが強く食事を摂ると痛みが和らぐことが多いです。
  • 吐き気や食欲低下を伴うことがあります。
  • 胃潰瘍の病変から出血すると便が黒くなったり、黒い吐物を吐いたりします。
  • ヘリコバクターピロリ菌感染が、原因の一つです。
  • 頭痛や関節痛の時に飲む鎮痛剤や血液を固まりにくくする抗血栓薬が原因のこともあります。
  • 胃カメラ検査で診断します。「がん」が原因の潰瘍の場合があるため、生検組織診を行います。また、ヘリコバクターピロリ菌の検査を行います。
  • ほとんどの場合、飲み薬の治療で治ります。ヘリコバクターピロリ菌が原因の場合は除菌治療を行います。

胃潰瘍についてもっと詳しく知る

急性胃炎

  • ストレス、薬、アルコールなどが原因で胃の粘膜に炎症が起こる病気です。
  • 急な強い胃の痛みで、おう吐を伴うことが多いです。
  • 胃カメラ検査を行うと、胃の広い範囲がただれていることがわかります。

機能性ディスペプシア

  • 長く続く胃の痛みで、ストレスや生活環境、職場環境の変化がきっかけで発症することがあります。
  • 痛みの程度は様々ですが、うずくまって動けなくなるほどの強い痛みとなるのはまれです。
  • 胃カメラ検査、エコー検査、血液検査などを行っても、痛みの原因となる病変がみつからない機能性の疾患です。
  • 症状を和らげる薬の治療を行います。患者さんによって効果的な薬が異なるため、外来通院して自分に合った薬を探してもらってください。

胃癌

  • 胃の痛みは1か月以上続いていることが多いです。
  • はじめは痛みが軽く、日に日に痛みが強くなる傾向があります。
  • 黒い便がでることがあります。
  • 吐き気や食欲低下のため体重が減ってきます。
  • 症状が出ている場合は、すでに進行癌となっている可能性が高いため、ためらわずに受診してください。

胃癌についてもっと詳しく知る

食道の病気

逆流性食道炎

  • ヒリヒリした痛みが多いです。胸にも痛みを感じることがあります。
  • 胸焼けや呑酸(酸っぱいものが喉元に上がってくる)を自覚していることがあります。
  • 就寝時など、横になっているときに症状が出やすいです。
  • 水を飲んだり、食事を摂ったりすると症状が和らぎます。
  • 胃カメラ検査で胃酸による食道の炎症所見が見られます。
  • 胃酸を抑える薬で治療します。

逆流性食道炎についてもっと詳しく知る

腸の病気

急性虫垂炎

  • 胃の痛みで始まって、半日から1日後にお腹の右下に痛みが移動します。
  • 吐き気、熱を伴います。
  • 痛みの程度は様々です。強弱のある痛みですが、痛みが弱まっても痛みがなくなることはありません。
  • 歩くとお腹にひびくことがあります。
  • 採血、エコー、CT検査を行います。

胆嚢、膵臓の病気

胆石症

  • 脂肪分の多い食事を摂ったあとの2~3時間続く痛みが典型です。
  • お粥などの消化がよく、脂肪の少ない食事を摂っていると痛みが出にくくなります。
  • 痛む部位は体の真ん中からやや右側のことが多いです。背中に痛みを感じることもあります。
  • 女性は40歳以上、男性は50歳以上で胆石の患者さんが多くなります。
  • 尿の色が濃くなったり、熱が出たりすることがあります。
  • エコー検査で診断します。血液検査ではGPTやγGTP、ビリルビンの値が高くなることがあります。

急性膵炎

  • 急な強い、持続性の痛みで発症します。
  • 痛みが強く、背中を丸めた姿勢で動けなくなるほどになることがあります。
  • お酒をよく飲む方や、中性脂肪が高い方がかかりやすい病気です。
  • 血液検査では、膵臓の組織から漏れてくるアミラーゼやリパーゼの値が高くなります。
  • CT検査では重症度の診断も行います。軽症と診断された場合でも2週間程度の入院が必要となります。

心臓の病気

心筋梗塞

  • 心筋梗塞の多くは胸の痛みですが、急な胃の痛みとして発症する場合もあります。
  • 冷や汗や吐き気を伴うことがあります。
  • タバコを吸う方、高血圧、糖尿病と診断されている方、コレステロール値が高い方に多いです。
  • 心電図や血液検査、心臓エコー検査で診断します。

胃の痛みで受診するときは、検査を受けやすくするために次のような準備をしましょう。

  • 午前中受診する場合は、朝食をとらずに受診してください。
  • 午後受診する場合は、昼食をとらずに受診してください。
  • お水、お茶は、受診の2時間前までとしてください。
  • どんな痛みがいつから始まったのか、吐き気や便通の異常について問診で聞かれます。受診したときに説明できるように準備しましょう。
  • 普段飲んでいるお薬がある方はお薬手帳など、薬の名前がわかるものを持参してください。
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME