メニュー

胃潰瘍・十二指腸潰瘍

胃潰瘍・十二指腸潰瘍とは?

胃の中では食べ物を消化し、病原微生物を殺菌するために胃酸が作られます。胃酸はとても強い酸性のため胃粘膜を自ら溶かしてしまいかねません。この胃酸から胃粘膜を守るのが胃粘液です。健康は胃では胃酸と胃粘液のバランスが保たれているため、自らの胃酸で胃粘膜や十二指腸粘膜が障害されることはありません。しかし、このバランスが何らかの原因で崩れると胃酸で粘膜が障害され、胃潰瘍・十二指腸潰瘍が起こります。

胃潰瘍・十二指腸潰瘍の症状は?

  • 胃潰瘍の主な症状は「腹痛」です。胃潰瘍では食事を摂った後に痛みが強くなることが多いです。一方、十二指腸潰瘍では空腹時に痛みを強く感じる方が多い傾向があります。胃潰瘍・十二指腸潰瘍の痛みの強さは様々です。ほとんど痛みを感じていない方もいれば、強い痛みのせいで表情をゆがめて受診する方もいます。
  • 「みぞおちの痛み」が典型ですが、背中や胸の痛みを感じる方もいます。
  • 「吐き気」「嘔吐」の症状を伴うことがあります。胃潰瘍・十二指腸潰瘍から出血すると吐物がコーヒー残渣のようなこげ茶色になります。
  • 「真っ黒な下痢」(タール便)が出ることもあります。これは胃潰瘍・十二指腸潰瘍から出血した場合の症状です。
  • 経過が長くなると、食欲低下のため痩せてくることがあります。
  • 痛みがなく、「お腹の張り」や「胸焼け」を感じる方もいます。
  • 胃潰瘍・十二指腸潰瘍の症状は胃がんの症状ととても似ています。症状だけでは見分けることができません。安心して治療を受けるには、胃カメラ検査での診断確定がポイントです。

胃潰瘍・十二指腸潰瘍の原因は?

  • ヘリコバクターピロリ菌の感染は胃潰瘍・十二指腸潰瘍の重要な原因の一つです。
  • 痛み止めの薬(非ステロイド性消炎鎮痛剤)、副腎皮質ホルモン剤(ステロイド剤)が胃潰瘍・十二指腸潰瘍を引き起こすことがあります。
  • 脳梗塞や心筋梗塞の再発を予防するために血液をサラサラにする目的で投与されるアスピリンも原因となることがあります。
  • タバコ、香辛料、カフェイン、ストレスは胃潰瘍・十二指腸潰瘍を起こしやすくする可能性があります。

胃潰瘍・十二指腸潰瘍の検査は?

  • 胃カメラ検査で診断します。
  • 胃カメラ検査で胃潰瘍を見つけると、良性の胃潰瘍と悪性の胃がんとを確実に見分けるために病理検査(組織を少量採取して、顕微鏡で観察する検査)を行います。
  • 胃カメラ検査で胃潰瘍・十二指腸潰瘍が見つかると、ヘリコバクターピロリ菌感染の有無を調べるために胃粘膜の一部を採取します。採取した粘膜の組織は病理検査と迅速ウレアーゼ試験を行います。
  • 胃潰瘍・十二指腸潰瘍に似た症状を呈する胆嚢や膵臓などの病気の鑑別診断が必要です。胃カメラ検査の他に、採血検査やエコー、レントゲン、心電図検査を併せて行います。

胃潰瘍・十二指腸潰瘍の合併症は?

  • 貧血 潰瘍からの出血が続いた場合貧血となります。貧血の症状はめまい、息切れ、動悸、顔面蒼白です。
  • 穿孔 胃潰瘍・十二指腸潰瘍の多くは粘膜の表面が浅く掘れています。しかし、まれに粘膜が深く掘れて、胃の壁を貫くような穴になることがあります。これを「穿孔」と言います。穿孔を起こすと急な激しい痛みを起こします。

胃潰瘍・十二指腸潰瘍は入院が必要ですか?

  • ほとんどの胃潰瘍・十二指腸潰瘍は入院せず、外来通院での飲み薬の治療で治せます。
  • 胃潰瘍・十二指腸潰瘍から出血している場合、穿孔している場合、症状が強く飲食できない場合は入院での治療が必要です。

胃潰瘍・十二指腸潰瘍の治療

  • タケキャブ®(ボノプラザン)が主に用いられます。ほとんどの場合薬の治療を開始すると数日で症状が改善します。標準的な治療期間は胃潰瘍で8週間、十二指腸潰瘍で6週間です。
  • この他タケプロン®(ランソプラゾール)やパリエット®(ラベプラゾール)、ネキシウム®(エソメプラゾール)、オメプラール®(オメプラゾール)が用いられることがあります。
  • ヘリコバクターピロリ菌に感染している場合は、除菌治療を行います。
  • 薬が原因で発症した胃潰瘍の場合は、原因となっている薬の休止や変更を検討・相談することがあります。

胃潰瘍の食事療法

  • アルコールは胃酸の分泌を増やすため、控えてください。
  • カフェインを含むコーヒー、紅茶、お茶は控えてください。
  • 香辛料を多く使っている料理も控えてください。
  • 少量ずつ、ゆっくり、よく噛んで食べましょう。
  • 炭水化物や蛋白質は胃潰瘍が治癒するのに必要な栄養です。
  • 痛みがある間は、お粥、うどん、豆腐、脂肪分が少ない肉、牛乳、ヨーグルト、番茶、麦茶がお勧めです。
  • 以上の注意は、少なくとも症状がなくなってから2週間続けてください。
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME