メニュー

食道の病気(逆流性食道炎・食道がんなど)

食道は消化管の一部で、喉から胃にかけての約25~30cm(成人)ほどあります。
ここでおこる病気には、逆流性食道炎や、食道がん等があります。

逆流性食道炎について

逆流性食道炎とは、胃酸や十二指腸液が食道に逆流して、食道の粘膜に炎症などを起こす病気です。
症状としては、胸やけ、胸部の違和感、嘔吐(多量のげっぷ)などで現れます。
内視鏡による検査等で症状を発見し、胃酸をおさえる薬による治療を行います。

「胸焼け」などの多彩な症状

胸やけ、ノドからみぞおちにかけてヒリヒリ熱い感じがする、酸っぱいものがこみ上げてくる、といった症状が逆流性食道炎では典型的です。声がかすれる、ゲップがでる、夜中に咳がでる、ノドがイガイガする、胸が痛い、眠れないと感じる方もいます。ノドの症状の場合ははじめに耳鼻科を受診される方がいます。また胸の痛みの場合は、心臓病の症状とまぎらわしい場合もあります。

多くの場合、立ったり座ったりしている日中より、ベッドに横になっている夜間に症状が悪くなります。水をのむと一時的に楽になることが多いです。

原因は加齢による衰え?

口に入れた食べ物はノドから、食道を通って、胃に流れ込みます。胃の中のたべものや胃酸が食道に戻ってこないように、食道と胃のつなぎ目には下部食道括約筋という粘膜を輪のように締め付ける筋肉が備わっています。括約筋はまるで巾着のひものように、食事の際には緩んで食べ物を通りやすくし、それ以外のときには締って胃の中の食べ物や胃酸が逆流しないように働いています。個人差はありますが年齢を重ねると、この括約筋が衰えて緩みがちになり、胃食道逆流を引き起こしやすくなります。

食べ物の種類、食べ方にも気を付けて!

年齢による衰えのほかにも、括約筋を緩みやすくする原因があります。揚げ物、ラーメン、カレーライス、ステーキなどの脂肪を多く含む食品は、コレシストキニンという物質を介して括約筋を緩ませます。普段、胃食道逆流の症状がなくても「脂っこいものをたべると、胸焼けする」ことがありますね。
また、アルコール飲料も括約筋のはたらきをおさえて胃食道逆流をしやすくします。ほかにも、個人差はありますが、チョコレート、あんこなどの甘さのつよいもの、ミカン、グレープフルーツといった柑橘類、一部の香辛料によって胸焼けがひきおこされることがあります。

食べすぎてお腹いっぱいになると、胃の中は食べたものと胃酸で満たされ逆流しやすくなります。また、食べた後にすぐ横になると胃食道逆流が起きやすいだけでなく、いったん逆流した食べ物や胃酸が食道に留まりやすくなり、その結果、胸焼けの症状を引き起こします。

肥満や、お腹を締め付ける衣服、しゃがむ姿勢は腹圧を上昇させます。腹圧が上昇すると胃袋を外側から押しつぶすことになり胃食道逆流を悪くします。

背中が曲がると?

骨粗しょう症などによって、背骨にダメージを受けると背中が曲がってきます。背中が曲がるとお腹は押しつぶされる形になります。この結果、胃も押しつぶされて胃の中の食べ物や胃酸は食道に逆流しやすくなります。

逆流性食道炎の症状はあるのに、内視鏡検査で「異常ありません」といわれた!?

胃食道逆流により食道の粘膜が胃酸に侵されると、粘膜の色がかわったり、びらん(粘膜のタダレ)をつくったりします。これが逆流性食道炎です。胸焼けなどの症状がある方のうち胃カメラで逆流性食道炎の所見がみつかるのは、たった30%です。残りの70%の方は胸焼け、喉のイガイガ、胸のヒリヒリがあるのに、胃カメラではほとんど所見が見つかりません。こういった症状があるのに検査で異常がはっきりしない胃食道逆流を、非びらん性胃食道逆流(NERD)と呼んでいます。これには胃酸に対する過敏状態が関与しているといわれています。この非びらん性胃食道逆流の場合も通常の逆流性食道炎の治療によって良くなることが多いです。

逆流性食道炎の治療薬

胃酸を抑える薬が治療の主役です。胃酸を抑える薬にはボノプラザン(タケキャブ)やランソプラゾール、ラベプラゾール、オメプラゾールといったプロトンポンプ阻害薬、ガスター、アルタット、アシノンなどのH2ブロッカーがあります。これらの薬は、胃酸の分泌を抑えることで食道粘膜への刺激を弱めて逆流性食道炎の症状を改善します。

強く胃酸を抑える薬を長期間飲み続けると、骨粗しょう症、貧血や肺炎にかかりやすくなる可能性があります。このため、お薬の治療で症状が治まったら、漫然と同じ薬の内服を続けないで、薬の量を減らしたり、薬の種類を変えたり、薬を休んだりします。「オンデマンド服用」といって症状が悪くなった時だけ数日から数週間薬をのんで、症状がないときは薬をお休みする方法もあります。

食べ過ぎでないのに、食事のあとの膨満感が長く続く方は、胃の動きが悪く食べ物や胃酸が十二指腸に進みにくく長く胃の中にとどまっています。こういった方では、胃酸を抑える薬だけ飲んでも、逆流性食道炎の症状がよくならないことがあります。その場合は胃の動きをよくする薬を食前に飲んでいただくと、膨満感と胸焼けの両方が良くなることがあります。

長く付き合うものなので

胃食道逆流や逆流性食道炎は、長く付き合っていかなくてはならない病気です。また、患者さんによっては薬を飲んでも完全にはよくならないこともあります。悩ましい症状ではありますが、焦らず気長につきあっていきましょう。

日常生活の工夫
  • 枕を高くして寝る
  • 横向き寝は左向きで
  • ベルトをきつく締めない
  • しゃがむ体勢などお腹を圧迫する姿勢を避ける
  • 腹囲が大きい方は、ダイエットする。
  • アルコールを控える。
  • 脂肪分の多い食品を控える。
  • チョコレート、あんこなど甘さの強い食品を控える。
  • 腹八分目でやめておく

食道がんについて

食道がんの多くは食道の粘膜から発生し、進行すると腹部や首のリンパ節まで転移することもあります。

食道がんは自覚症状が無い場合が多くありますが、食べ物を飲み込んだ時の痛みや、しみるという症状を初期に伴うことがあります。食べ物がつかえる感じになりますと、がんが大きくなっている可能性があります。

内視鏡検査等の検査で早期発見が可能です。とくに40代後半から、罹患率が増加しはじめますので、定期的に健診を受けていただくことをお勧めします。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME